「諸概念の迷宮(Things got frantic)」用語集

本編で頻繁に使うロジックと関連用語のまとめ。

【「諸概念の迷宮」用語集】1859年革命

f:id:ochimusha01:20200619151420p:plain

近代を前期と後期に分ける峻別点。国王や教会の伝統的権威と、それへの無限闘争を誓った政治的ロマン主義対消滅に終わった後のイデオロギー的空白を埋めるべく新たな対立構図が構築されたのです。

  • カール=マルクスの「経済学批判Kritik der Politischen Ökonomie、1859年)」における「我々が自由意思や個性と信じ込んでいるものは、実際には社会の同調圧力に型抜きされた既製品に過ぎないと疑ってかかれ」なる社会自由主義の大源流となる懐疑。ただし、このサイトはマルクス当人の階級闘争史観そのものではなく、その出版をパトロネージュしたフェルディナント・ラッサールFerdinand Johann Gottlieb Lassalle、1825年〜1864年)の社会民主主義的発想の大源流に注目。

  • 大数の法則」に立脚したジロンド派の数学者コンドルセ伯爵Marie Jean Antoine Nicolas de Caritat, marquis de Condorcet, 1743年~1794年)の確率論的進化論を同じ数学者として継承したジョン・スチュアート・ミルJohn Stuart Mill、1806年~1873年)の「 自由論(On Liberty, 1859年)」における「文明が発展するためには個性と多様性、そして天才が保障されなければならないが、他人に実害を与える場合には国家権力が諸個人の自由を妨げる権利が生じる」なる古典的自由主義の大源流となる信念

  • 事実上、両者を統合する超越的概念として同年発表されたとしたチャールズ・ダーウィンCharles Robert Darwin, 1809年~1882年)の「種の起源On the Origin of Species、初版1859年)」における「進化は系統的に展開する系統進化論。その登場によりマルサス人口論An Essay on the Principle of Population, 初版1798年~第6版1826年)より遥かに発展的な形で時間概念が操れる様になった。

ちなみに同年日本では「安政の大獄」事件が勃発しています。

近代日本の夜明けはまだまだ遠い…

f:id:ochimusha01:20200619150823p:plain