「諸概念の迷宮(Things got frantic)」用語集

本編で頻繁に使うロジックと関連用語のまとめ。

【「諸概念の迷宮」用語集】アントニオ・ネグリのマルチチュード

f:id:ochimusha01:20200619212351p:plain

21世紀に入ると、マルクスの「上部構造論我々が個人主義の拠り所としている自由意志は、その実社会的同調圧力に型抜きされた体制側にとって都合の良い既製品に過ぎない、とする立場)」を(本来はそれによって論破しようとしたヘーゲルの論法で逆手にとったこうした論法を、さらに逆手にとった様な新たなマルチチュード革命的大衆)理論が台頭してくるのです。

 1029夜『構成的権力』アントニオ・ネグリ|松岡正剛の千夜千冊

マルチチュード(Multitude)

http://2.bp.blogspot.com/-bZNbSKYrDuE/VAWSLfFhvZI/AAAAAAAAABI/kngKQVytAz0/s1600/Image%2BFrom%2BMultitude%2Bto%2BCrowds%2BInternational%2BConference.jpg

マキャベリによって最初に使用され、その後スピノザが用いた政治概念。最近では、パドヴァの革命家一族出身のアントニオ・ネグリと米国比較文化史学者のマイケル・ハートの帝国論を契機として再び注目を集めている。マルティテュード、ムルチチュードとも。ラテン語 では“多数”や“民衆”などの意味を持つ概念である。 「多数性」「多性」「群衆性」などの訳語もあてられる。

  • 政治哲学者で元パドヴァ大学政治社会科学研究所教授であるアントニオ・ネグリデューク大学文学部准教授であるマイケル・ハートは、共著「帝国Empire、2000)」および「マルチチュード帝国時代の戦争と民主主義Multitude: War and Democracy in the Age of Empire、2004年)」において地球規模による民主主義を実現する可能性として「国境を越えるネットワーク上の権力」という概念を提唱した。

  • ネグリによればこれは近代以降に登場した超大国の覇権によるグローバルな世界秩序である帝国主義に対抗し、これからの世界を変革し得る存在としてそれぞれの国家の国民や企業を含む超国家的なネットワーク上の権力として位置付けられる。

  • また、いわゆる19世紀以降の社会主義に代表される革命に見られた多様性と差異性を無視したこれまでのありかたとは異なり、統合されたひとつの勢力でありながら多様性を失わない、かつ同一性と差異性の矛盾を問わぬ存在としている。

*要するにここでは「移民が移民先国家を崩壊に追い込む事で達成される真の意味での国際協調時代」が予言されている。ただしこの枠組においては、欧州のムスリム移民をサラフィー・ジハード主義(Salafi jihadism)一色で染めあげようとしているイスラム過激派もまたファシズムやナチズム同様に「旧世代の役立たずイデオロギー」として排除されるのが興味深い。すると、カタルーニャ独立運動に反対してるスペインの急進左派ポデモスの立場は?

こういう時代の中道左派政党は大変です。

ポデモス党首が語る「われわれの戦略」

われわれの主要な目的は、常に、危機をテコに政治の分野で中道に位置することだ。それは小市民的言説における政治的《中道》のことではない。グラムシの言葉によれば、われわれの目的は新しい《常識論》をつくりだすことだ。それは、近年再形成された政治的スペクトルの中でわれわれが横断的な立場をとることを可能にしている。

シウダダーノスの台頭は、伝統的な左翼・右翼軸というロジックの中にわれわれを位置づけることになった。こうした単純な二分法ではわれわれは敗北してしまうし、スペインに変化の可能性は存在しない。今日、危険なのはこうした左翼・右翼軸に投げ戻されてしまうことだ。これでは新しい中道を定義するのに失敗する。こうした情勢下で《下流の人々》と《上流の人々》(寡頭支配の)の対立をめぐるポデモスの庶民的な言説は、極左のありきたりな言説同様に解釈され直すことになる。というのもその言説はポデモスの言説から横断的な性格を奪い去り、新しい政治的中心を占める可能性を奪うからだ。結局、われわれは規格化されてしまうという危機―それは潜在的な原動力になるにだが―に瀕している。

そもそもの発想の起源はヘレニズム時代のコスモポリタン精神?