「諸概念の迷宮(Things got frantic)」用語集

本編で頻繁に使うロジックと関連用語のまとめ。

【ハードボイルド文学論】「原液」からまず「本格派推理パズル文学」が、次いで「ハードボイルド文学」が生まれた?

一方、坂口安吾が日本に導入した「フランス式行動主義」は「肉体に思考させよ。肉体にとっては行動が言葉。それだけが真に新しい知性と倫理を創造する」とします。

ここでいう行動主義は概ね「平凡/日常的な状態」と「非凡/非日常的な状態」の間のマルコフ連鎖的推移で表される。

物語文法的には以下のパターンあたりが想定されよう。

  1. 平凡/日常」→「非凡/非日常」(マイケル・クライトンの様なパニック物)
  2. 非凡/非日常」→「平凡/日常」(安倍工房「砂の女」の様な日常回帰物)
  3. 非凡/非日常」→「非凡/非日常」(ハドリー・チェイス的ジェット・コースター)
  4. 平凡/日常」→「非凡/非日常」→「平凡/日常」(問題解決展開の基本)

また行動の主体としてとりあえず以下の2つのタイプが相容れない。

  1. 三船敏郎」タイプ…黒澤明監督映画「用心棒(1961年)」「椿三十郎(1962年)」「赤髭(1965年)」に登場する「タフでなければ生き残れない。タフなだけでは生き残る資格がない山本周五郎的人間中心主義者(Humanist)タイプ。原作小説に意外と内面描写がある事もあるが映画化に際して省かれる。

  2. 仲代達矢」タイプ…豊田四郎監督映画四谷怪談(1965年)」の伊右衛門岡本喜八監督映画大菩薩峠(1966年)」の机竜之介の様に、ある種「(例えその先に破滅しか待っていなくても)神の用意した救済を突き返すロマン主義」にして「泥の大海に蓮の花を探す感傷主義者」。徹底的なまでにエゴイストにしてニヒリスト。

もちろんこの条件を満たしただけで「ハードボイルド文学」が成立する訳ではないが、とりあえず概ねの体裁は整う。

続きを読む

【ハードボイルド文学論】ボードゲーム「ガイスター」で考えると浮かび上がる「愛なき世界」?

ピーターとゴートン「愛なき世界(1964年)」。British invasion最盛期で米国チャート上位20曲のうち7曲がイギリスのアーティストだった時代。彼らに対抗出来たのはビーチボーイズ、フォーシーズンズ、モータウンのアーティストくらいだったという…

そしてその歌詞内容がまさしく「(例えその先に待つのが破滅だとしても)神の用意した救済にあえて背を向けるロマン主義的内容なのですね。この時代のハードボイルド要素は、こんな場所にこんな形で隠れ潜んでいたという…

続きを読む

【数学的ロマン】そして人類には二択が残された?

以下の投稿においてついに「(小学生時代からタミヤ工作キットをコンピューター制御してきた中高生にはむしろ血肉の一部になってる)ハミルトンの四元数(Hamiltonian Quaternions)」を現象学(Phänomenologie=フェノメノロギー)の領域に導入。確かに今は小さな一歩に過ぎないけれど、これはもしかしたらある種の「(その概念が習得可能かどうかで人類を峻別する)ニュータイプ宣言」となるかもしれない?

とはいえもちろん、話はそれだけでは終わりません。現段階でその考え方は(自分も含めて)多くの人間にこういう印象を与えざるを得ない何かに過ぎないからです。

続きを読む