「諸概念の迷宮(Things got frantic)」用語集

本編で頻繁に使うロジックと関連用語のまとめ。

【「諸概念の迷宮」用語集】「十字軍国家」アンティオキア公国

その歴史自体はセレウコス朝古希Αυτοκρατορία των Σελευκιδών、紀元前312年~紀元前63年)時代まで遡ります。

初期キリスト教時代にパウロの異邦人布教の拠点となった都市。キリスト教ギリシア文化の影響を受けて発展する契機となった。

  • 新約聖書使徒行伝11章26節によれば「キリスト者クリスチャン)」なる呼称が初めて用いられた土地とされる。
  • また現代の研究者によれば新約聖書マタイによる福音書』の成立地として有力視されている。

キリスト教ローマ帝国に公認される様になるとローマコンスタンティノポリスアレクサンドリアエルサレムと並ぶ五大総主教座の一つとなり、シリア地域の政治・経済・宗教・文化の中心地として栄えた。

  • 現在も東方教会にはアンティオキア正教会アンティオキア総主教庁の名称を持つ教会が複数あるが、実際の活動はシリアのダマスコスなどの都市に移管。

  • 526年5月29日の大地震で壊滅的な打撃を受け25-30万人にも上る犠牲者を出した為、再建後もかつての偉容は甦らずサーサーン朝ペルシアに度々攻撃される様になった事もあり衰退開始。

  • 7世紀東ローマ帝国イスラム帝国に敗れてシリアを喪失した後には両帝国の争奪の前線となって荒廃し北シリアの地方都市に過ぎなくなった。

  • 969年東ローマ帝国が奪還するが、1084年に再びムスリムの王朝セルジューク朝に征服された。

第1回十字軍(1096年~1099年)が、半年以上に渡る攻囲戦で攻略(アンティオキア攻囲戦)してアンティオキア公国を建設するも1268年マムルーク朝に奪われた。

アンティオキア公国(Principality of Antioch, 1098年~1268年) - Wikipedia

f:id:ochimusha01:20200629125919p:plain

第1回十字軍(1096年~1099年)が聖地に建設した十字軍国家のひとつ。シリア北部の重要都市アンティオキアアンティオケイア)を首都とした。

  • 第1回十字軍以前のアンティオキアはセルジューク朝の総督ヤギ・シヤーンが治める難攻不落の城塞都市だったが、セルジューク朝征服以前からのギリシア人住民も多く、東ローマ帝国はここを帝国固有の領土と考え、セルジューク朝から回復しようと考えていた。
  • 第1回十字軍遠征の際、アンティオキア攻囲戦において活躍した南イタリアのノルマン人封建君主であるターラント公ボエモンは攻略中からこの都市の領有の希望を公言するようになり、1098年半年に渡る包囲の末にアンティオキアが陥落し市民の虐殺と略奪が終わると、この地の君主()に就任し、アンティキアを首都とするアンティオキア公国が建設された。ボエモンは十字軍の本来の目的であったエルサレム攻略への参加を止め、アンティオキア公国の確立に専念することになる。
  • ボエモン1100年小アジア内陸のセルジューク朝ムスリム政権ダニシュメンド朝の王ダニシュメンド・ガーズィーを討とうとして、逆にダニシュメンドの捕虜となってしまう(メリテネの戦い)と、甥のタンクレードが摂政に就任した。ボエモンは身代金を払い解放されると、同じ十字軍国家のエデッサ伯国と協力しシリア北部のハッラーンを制圧し、セルジューク朝の分裂に乗じモースルバグダードをうかがう勢いだったが、モースルのムスリム軍に完敗し退却を余儀なくされた(ハッラーンの戦い)。

  • さらにアンティオキアのあり方をめぐってアンティオキアの宗主権を主張する東ローマ帝国の圧迫を受けたため、援軍を求めてイタリアに帰国してしまい、再びタンクレードが摂政となった。
  • 1108年にはボエモン1世マケドニアで東ローマ皇帝アレクシオス1世デヴォル条約を結びアンティオキア公国東ローマ帝国の臣下とすることを約束したが、タンクレードはこれを拒み独立国としてあり続けることを選んだ。
  • 1111年ボエモンがイタリアで死ぬと、タンクレードはボエモンの遺児(ボエモン2世)を立てて摂政を続けた。タンクレードエデッサ伯国と協力して東ローマ帝国からラタキアを奪い、バニヤースの南をトリポリ伯国との境界とした。

  • 北シリアの主要都市で内陸に隣接するアレッポにはシリア・セルジューク朝リドワーン王が陣取っていたが、これと戦って破り、オロンテス川中流域とアレッポを取り巻く周囲に至るまでの内陸側をすべて征服し、シリアの強国として君臨するアンティオキア公国の事実上の建国者として活躍した。

タンクレード1112年に死去し、サレルノ伯ロジェルッジェーロ)が摂政に就くが、1119年サルマダの合戦で、シリア・セルジューク朝滅亡後アレッポの君主となっていたイル・ガーズィーとの戦いで戦死した。代わってエルサレム国王ボードゥアン2世が摂政に入ってアンティオキア公国はエルサレム王国の保護国となった。

  • 1126年には公位の正統後継者であるボエモン1世)の遺児ボエモン2世が公位に立ったが、1130年小アジアへの攻略中、ダニシュメンド王の息子に当たるエミール・ガーズィーとの戦いの最中に伏兵にかかり死去した。未亡人でエルサレム王ボードゥアン2世の娘であったアリックスがアンティオキア女公となった。
  • 彼女は、1128年以降アレッポを拠点にして急速にシリアを回復しつつあったムスリム君主ザンギーと組もうとしたが、ボードゥアン2世は娘の反逆に激怒してアンティオキアを奪回して娘をラタキア流罪とし、アンティオキア公国は再びエルサレムボードゥアン1世、および1131年よりフールク)の影響下に入った。
  • フールクは1136年に至ってアンティオキア公位継承者である10歳の公女コンスタンスに36歳のレーモン・ド・ポワティエを娶わせて公位を継がせ、コンスタンスの母であるアリックスの影響を排除したが、この年までにオロンテス川の内陸側の領土はザンギーによって征服されていた。
  • さらに1138年アレクシオス1世の息子である皇帝ヨハネス2世コムネノスが南下してアンティオキアを攻囲しレーモン・ド・ポワティエ東ローマ帝国への臣従の誓いを余儀なくされた。
  • 十字軍諸国はアンティオキアを東ローマ帝国に返す代わり、東ローマ帝国はシリアの数都市を征服して十字軍諸国に渡すという取り決めとなったため、アンティオキア公国はエデッサ伯国とともに東ローマ帝国のシリア攻撃に従わせられた。
  • 最初の攻撃目標であった都市シャイザルの攻撃にあたって、救援に来たザンギーによるムスリム諸王への応援呼びかけや、十字軍国家側と東ローマ帝国側の離反策のために、結局東ローマのシリア征服は成功しなかったが、アンティオキアは1142年ヨハネス帝が死ぬまで圧力を受け続けた。
  • 1144年エデッサ伯国がザンギーによって征服された。アンティオキア公国は、1146年ザンギーの死後ザンギー朝を継いだ息子ヌールッディーンの強い攻勢にさらされることになった。この危機に対して派遣された第2回十字軍(1147年~1148年)はエデッサでもアンティオキアでもなくダマスカスへ向かい失敗に終わり、1149年レーモンイナブの戦いヌールッディーンに敗れて戦死し、アンティオキア公国の東半分はアレッポのザンギー朝によって完全に奪われた。

ここに「強盗騎士ルノー・ド・シャティヨン」が登場する。

  • 1153年寡婦となったコンスタンス女公は、1147年に一旗揚げにシリアに到来し征服欲を満たす機会を求めていた「強盗騎士ルノー・ド・シャティヨンと結婚し、ルノーが新たな公となった。
  • ルノー・ド・シャティヨンは些細な口実を元に東ローマ帝国の領土であったキプロス島を攻略した後、農村や教会、修道院を残らず略奪し住民を虐殺し、キプロスは再起不能の打撃を受けた。
  • これが皇帝マヌエル1世コムネノスによるアンティオキアへの懲罰としての遠征を招いてしまう。アンティオキア公ルノーは抵抗は無益と悟り、マヌエル帝の陣営に乞食の様な格好で現れ卑屈に許しを乞い、東ローマ帝国への臣従を誓わされた。1159年マヌエル帝は君主としてアンティオキアに入城するデモンストレーションを行い、以後東ローマ帝国はしばらくの間シリアで強い影響力を発揮しヌールッディーン十字軍国家も互いに手が出ない状態になる。
  • 1160年ルノーアレッポ北部を略奪しようとして囚われ、ヌールッディーンの捕虜となった。コンスタンスはルノー救出を訴えたが、公国の貴族たちはコンスタンスと前夫レーモン・ド・ポワティエの子ボエモン3世を次の公爵とするよう主張しコンスタンスと対立した。ルノーは結局公位(妻コンスタンスの摂政位)を失い、1163年ボエモン3世が即位した。
  • ボエモン3世は皇帝マヌエル1世の宗主権を認め、皇帝の姪と結婚し、正教会の総主教をアンティオキアに迎え入れた。また、マヌエル1世の皇后エイレーネー1159年に死去すると、その二度目の妻としてコンスタンスとレーモンの娘マリー・ダンティオケが選ばれた。マリーはマヌエル1世の息子(アレクシオス2世コムネノス)を産み、その摂政として東ローマで権勢をふるった。
  • ルノーは16年後釈放されてエルサレムに現れ、ムスリムとの徹底抗戦を主張して各地を略奪し王国内の穏健派からもムスリムからも忌み嫌われたが、サラディン軍にハッティンの戦いで大敗し処刑された。

そしてサラーフッディーンサラディン)が台頭。

やがてキキリア・アルメニア王国の属国状態に。

  • 1194年ボエモン3世は北部に隣接するキリキア・アルメニア王国と争い、講和条件としてキリキア王の娘を自身の長男と娶わせた。
  • この婚姻から生まれたレーモン・ルーペンはアンティオキア公とキリキア王の血を引くことになり、ボエモン3世の次男でトリポリ伯国を継承していたボエモンが、1201年父の死に伴ってアンティオキア公ボエモン4世として即位すると、アンティオキア公国に対するキリキアのアルメニア人の干渉を招くことになった。
  • キリキア王は1216年からレーモン・ルーペンをアンティオキア公位につけることに成功するが、1219年ボエモン4世がアンティオキア公位に復帰し、アンティオキア公国とトリポリ伯国は同君連合となった。ボエモン4世の死後、同名の5世6世が続くが、その後の十字軍においてアンティオキア公国が貢献するところはなかった。
  • 1254年ボエモン6世はキリキア王ヘトゥーム1世の娘と結婚し、両国はアンティオキア公位を巡る抗争に終止符を打ったが、これによってアンティオキア公国はほとんどキリキア・アルメニア王国の属国のようになった。

最終的にはモンゴル軍に加勢し、マルムーク朝に滅ぼされる。

  • 1258年バグダードアッバース朝を滅ぼしたフレグ率いるモンゴル軍がシリアに進軍すると、キリキアアンティオキアはこれをムスリムに対する聖戦とみて、モンゴル軍に従ってムスリムと戦いダマスカスとガザを陥落させエジプトに向かったが、1260年アイン・ジャールートの戦いでモンゴル軍と連合軍はバイバルス率いるエジプトのマムルークに敗れた。
  • アイユーブ朝を滅ぼしマムルーク朝のスルタンとなったバイバルスは、キリキアトリポリ=アンティオキアに対する懲罰戦を練った。フレグ没後の混乱に乗じてバイバルス1265年北上し、キリキアの諸都市を破壊し再起不能とした。
  • さらに1268年トリポリ攻撃にかかったが、アンティオキア公とトリポリ伯を兼ねるボエモン6世が篭城の準備をしていると見るやアンティオキアに向かい、たった4日でこれを占領し、全住民を奴隷とするか虐殺して都市を完全に破壊した。
  • これによってアンティオキア公国は滅亡し、以後、東地中海最大の都市だったこともあったアンティオキアは廃墟の中の一寒村と化し歴史から姿を消した。

アンティオキアを失ったトリポリボエモン6世バイバルスと休戦し、以後休戦は継続されたが、再度モンゴル軍が侵攻したあとの1289年トリポリは陥落しトリポリ伯国も滅亡した。

以下続報…