「諸概念の迷宮(Things got frantic)」用語集

本編で頻繁に使うロジックと関連用語のまとめ。

2020-06-26から1日間の記事一覧

【「諸概念の迷宮」用語集】「総力戦体制時代」と「総力戦」思想の狭間

そもそもの出発点は、與那覇潤「中国化する日本:日中文明の衝突一千年史(2011年)」で用いられた表現に由来します。欧州中世と日本中世は構造的に全く別物ですがどちらも「(相応の火力と機動力を有する常備軍を中央集権的官僚制が徴税によって養う)主権国…

【「諸概念の迷宮」用語集】英雄的(魔術的)リアリズム芸術

こうして政治的利用が不可能となった鬱憤が「魔術的リアリズム芸術」に投影される展開が起こった。その原風景を19世紀フランスの小ロマン派に見てとる向きも存在する。 エルンスト・ユンガー(Ernst Junger 1895年~1998年)名言集 「神話は先史時代の遺物で…